健康アドバイス

梅雨はいつ空けるの??

LINEで送る
Pocket

みなさん こんにちは! ガッキーです(^^♪

かなり暑い日が続いてますね。最近よく耳にするのキーワードが「熱中症」なので・・・・・

今回は、熱中症についてお話ししていきたいと思います。

なぜ、熱中症が起きるのか?

人の体は暑さを感じると皮膚に血液を多く流したり、汗を出したりして体温を下げます。

血液は熱を運ぶ役割があり皮膚を流れ血管を通る時に、熱を外に出します。

汗は体から蒸発する際に体の熱を一緒に放出します。これで人は体温を一定に保っています。

しかし気温が高い状態が長く続くと大量に発汗し水分、塩分を失ってしまい血液中の水分も失ってしまいます。

また湿度が高いと、汗が蒸発せず皮膚の表面に熱がこもった状態になります。こうしたことにより熱中症を起こします。

どんな症状が出るのか

熱中症の程度によって分類があります。

一度 軽度

   熱失神・・・めまい、たちくらみ、失神

            熱けいれん・・・筋肉痛、こむら返り、大量の発汗

二度 中度

   熱疲労・・・頭痛、気分の不快、吐き気、おう吐、倦怠感

三度 重症

   熱射症・・・意識障害、けいれん、手足の運動障害

応急処置

 応急処置も分類によて異なります。

 一度 熱失神・・・足を頭より高く上げる。

    熱けいれん・・・生理食塩水を摂取する。

 二度 熱疲労・・・生理食塩水を摂取する。足を頭より高く上げる。

 三度 熱射病・・・すぐに救急車を呼ぶ。首、腋窩、鼠径部に保冷材などを当て冷やす。

予防しては、こまめに水分を取り塩分も程よく取りましょう。気温や湿度などをいつも気にするなど気を付けてください!(^^)/

 

 

分らないこと 不安なことお気軽にお問合せ下さい! 皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています!
天王町そよかぜ鍼灸整骨院 ホームページを見たとお伝えください。横浜市保土ヶ谷区天王町2-46-2 NS天王町1F 天王町駅徒歩1分 045-442-3427

さくらメディカル整骨院グループは、プロバスケットボールチーム「横浜ビー・セルコアーズ」を公式パートナーとして応援しています。