健康アドバイス

暑い 暑い

LINEで送る
Pocket

みなさんこんにちは!
よっしーです\(^o^)/

6月に突入しましたね!
暑い日が続いていますがこれからは梅雨でじめじめした天気になりそうですね…
梅雨の時期は嫌いです。

話は変わりますが、先週の日曜日に当院のスタッフと弘明寺にあるこもれびのスタッフと合同でBBQをやりました。他院の先生とは普段なかなか話ができないのでいい機会になりました。

今回はバスケットボールやバレーボールをやっている選手に起こりやすい

膝蓋靭帯炎について紹介します!

膝蓋靭帯とは
膝蓋骨(膝のお皿)から脛骨粗面(すねの骨)につながる靭帯です。
膝を伸ばす際に働く大腿四頭筋(ももの前の筋肉)が膝蓋靭帯を介して下腿(膝から足首まで)を持ち上げます。

膝蓋靭帯炎とは
ジャンパー膝とも言われ、ジャンプをした際に膝に痛みを感じます。
ジャンプをする機会が多いスポーツではジャンプの前や着地の際に頻繁に膝を曲げ伸ばしするため、大腿四頭筋に繰り返し引っ張られて、膝蓋靭帯や脛骨粗面に負担がかかります。
また、膝蓋靭帯は着地時に衝撃吸収する役割もありますが、スポーツ活動におけるジャンプの着地では膝に相当の衝撃がかかるため、繰り返されるとやはり膝蓋靭帯に大きな負担がかかります。このような負担やストレスが加わることで、膝蓋靭帯に炎症が起こります。

膝蓋靭帯炎は成長期の男子や背の高い人に見られることが多いです。これは急速な骨の成長に筋や腱の成長が追いつかないことから、大腿四頭筋や膝蓋靭帯の柔軟性が低下して、膝蓋骨周辺にストレスが蓄積しやすいためとされています。

症状
・ジャンプした時、特に着地時の膝の痛み
・膝蓋骨下部の腫れや熱感
症状の初期にはスポーツ活動中には痛みを感じても、日常生活では痛みを感じないことが多いです症状が進行していくと炎症の程度によって常に痛みを感じるようになります。

治療法
まずは膝蓋靭帯を含めた下肢全体の筋肉を緩めていきます。
患部には超音波治療器を当てて炎症を緩和させたり、筋肉を緩めていきます。
あとは鍼治療も効果的です。

でもやはり安静が1番大事になってきます。

予防法
ウォーミングアップやクールダウンを時間をかけて行うことが大切です。大腿四頭筋の柔軟性をだすためにストレッチをすること、あとは練習後のアイシングをすることで予防することができます。

わからないことがあれば、当院までご相談ください。

分らないこと 不安なことお気軽にお問合せ下さい! 皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています!
天王町そよかぜ鍼灸整骨院 ホームページを見たとお伝えください。横浜市保土ヶ谷区天王町2-46-2 NS天王町1F 天王町駅徒歩1分 045-442-3427

さくらメディカル整骨院グループは、プロバスケットボールチーム「横浜ビー・セルコアーズ」を公式パートナーとして応援しています。