健康アドバイス

冬なのに脱水??

LINEで送る
Pocket

みなさんこんにちは!
よっしーです\(^o^)/

最近は朝晩の冷え込みが強くなってきました。いつもより余分に着たり、厚手の服を着たりして寒さ対策しないといけないですね。

冬に運動する人は多いと思いますが、気をつけないと体調を崩したり、ケガの原因になったりします。そうならないために注意して欲しいことを今回は紹介していきたいと思います。

1.冬の脱水症状注意

寒くて汗をかかないので、脱水なんてと思う人もいるかと思いますが、

この時期は「かくれ脱水」に注意が必要です。

空気の乾燥
冬は空気が乾燥します。空気が乾燥すると知らないうちに身体から水分が失われていきます

意識の低下
夏の時期は汗をかくので、水分補給しないと熱中症や脱水症になるという意識がありますが、冬は汗をかきにくいので、その意識が薄れています。また、汗をかいてもすぐに蒸発してしまうので、汗をかいている自覚も少なくなります。
水分補給するときは一回に大量の水分をとると身体を冷やしてしまうので、何回かに分けて、常温の水やスポーツドリンクをとるようにしましょう。またお茶やコーヒーは利尿作用があるため注意しましょう。

2.寒さによるケガに注意

寒さで身体が冷えるということは筋肉も冷えています。
走り始めた時やバランスを崩した時などに身体が衝撃を吸収していますが、それがうまくできなくて、筋肉や関節へのダメージにつながります。そのためにも身体の保温を気をつけましょう。

ウォーミングアップは入念に
寒いところで急に身体を動かすのはとても危険です。ウォーミングアップを十分に行いましょう。
ストレッチで身体を温めるだけでなく、筋肉の緊張をほぐして柔軟性を高めることで、ケガの予防になります。またウォーミングアップやストレッチと同時にウォーキングやスロージョギングを行うこと、そしてその時間を長めにとって身体を温めてから、運動をしていきましょう。

衣服で防寒対策
手首足首の3つの「」を温めると体感温度が4℃上がると言われています。
ネックウォーマー、手袋、長い靴下などの小物で3つの首を露出しないように気をつけましょう。また、ウエアを重ね着して、身体が温まってきたら、服を脱ぐようにしていきましょう。運動後にも身体が冷える前にウエアを着るように気をつけましょう

冬は基礎代謝が高くなりやすく、運動の効果も出やすいです。そのためにも今回述べたようなことに注意して楽しく運動しましょう。
またそよかぜ体操教室も開催していますので、興味ある方はスタッフまでお声かけください!

 
 
 
 
分らないこと 不安なことお気軽にお問合せ下さい! 皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています!
天王町そよかぜ鍼灸整骨院 ホームページを見たとお伝えください。横浜市保土ヶ谷区天王町2-46-2 NS天王町1F 天王町駅徒歩1分 045-442-3427

さくらメディカル整骨院グループは、プロバスケットボールチーム「横浜ビー・セルコアーズ」を公式パートナーとして応援しています。