腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症

LINEで送る
Pocket

腰部脊柱管狭窄症とは腰部の脊柱管が狭窄し、その内部にある馬尾神経や神経根の圧迫障害を生じている状態をいいます。ほとんどが加齢に伴う退行性変性により生じます。近年では高齢者の増加により、腰部脊柱管狭窄症に伴う間欠性跛行のために歩行が困難になる患者さんも増えてきて、QOLの低下につながっています。
腰部脊柱管狭窄症は加齢による退行変性により腰部の脊柱管が狭小化し、神経根あるいは馬尾神経が障害されるために下肢の症状や膀胱直腸障をきたす疾患です。
症状として最も特徴的なのは間欠性跛行です。これは歩行すると下肢の疼痛、しびれ感、脱力感などが現れ、歩行困難となり、腰椎を前屈した姿勢で休憩すると症状が軽くなり、再び歩行可能となります。
当院では腰周辺や臀部周辺をマッサージして筋肉を緩めます。さらに超音波治療器を使用して筋肉を緩めたり、骨格の調整なども併用して神経症状を緩和していきます。

分らないこと 不安なことお気軽にお問合せ下さい! 皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています!
天王町そよかぜ鍼灸整骨院 ホームページを見たとお伝えください。横浜市保土ヶ谷区天王町2-46-2 NS天王町1F 天王町駅徒歩1分 045-442-3427

さくらメディカル整骨院グループは、プロバスケットボールチーム「横浜ビー・セルコアーズ」を公式パートナーとして応援しています。