肩の痛み

肩の痛み

LINEで送る
Pocket

肩関節は解剖学上、球関節といわれており関節可動域の広い関節です。
ゆえに一度痛めたりして動かさなくなると関節拘縮を起してしまい、日常生活動作に非常に支障を来す部分です。

五十肩(四十肩)

40歳前後から50歳~60歳代に多く、症状は急性に現れたり徐々に現れるものもあります。
特に多いのは、夜寝ている時に痛くなる夜間痛。そして髪をとかしたり、エプロンの紐を結ぼうとするなどの動作で誘発されます。

三角筋挫傷

肩の関節を覆う筋肉の炎症です。腕を横に上げたり、前に上げたりといった動作時に痛みがでます。スポーツ選手や美容師など常に腕を上げて仕事をしている方や部活をしている学生に多くみられ、症状としては自発痛や夜間痛、熱感などが見られます。

腱板損傷

肩を自分で横から天井に向かってあげるときに60~120度の範囲で痛みがでます。好発年齢は40歳以上の男性に多く、60歳代が発症のピークです。症状は夜間痛、運動痛、運動制限が挙げられます。

分らないこと 不安なことお気軽にお問合せ下さい! 皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています!
天王町そよかぜ鍼灸整骨院 ホームページを見たとお伝えください。横浜市保土ヶ谷区天王町2-46-2 NS天王町1F 天王町駅徒歩1分 045-442-3427

さくらメディカル整骨院グループは、プロバスケットボールチーム「横浜ビー・セルコアーズ」を公式パートナーとして応援しています。