足首、下腿部の痛み

足首、下腿部の痛み

LINEで送る
Pocket

人体の中で一番重要といっても過言ではない場所が足関節になります。近年では足病医という医師がいるくらい重要視されている場所です。何が大事かというと指先から小さい骨まで入れると約30個の骨が関係してきます。これだけ細かい骨が集合して足を作っていて、自分の体重を支えなければいけません。そこで足にはアーチという構造があります。

このアーチが皆様にどれだけ影響しているかというと、何10キロ、100キロの人でも自重を支えることができる素晴らしい構造をしています。ただ一度支えられなくなってくると腰や膝などに痛みが出てくることもあります。

当院では
足首の調整を行なったり、アーチがなくなっている方や外反母趾に対してテーピングで矯正します。従来のテーピングの概念も変わり、皆様もより一層足に意識を持っていただけるのではないかと思います。足が良くなってくると下腿部の痛みも徐々に軽減していきます。

70代 女性

両足が極度の外反母趾で歩行時の痛みがあり、その影響で膝の痛みが強く、日常生活に支障を来していました。

左膝に痛みが出ていましたのでまず右足に外反母趾テープとアーチパッドというものをし約2週間位で左膝の痛みが引いてきました。その頃から右足の外反母趾も徐々に形状が戻ってきて、次は左足の外反母趾も同じように処置をして、両足とも痛みがなくなったところで、歩行時に指をしっかり使えるように足裏筋のトレーニングを開始しました。

現在は3ヶ月経ちましたが、両足とも形状、痛み共になく順調に過ごされています。

分らないこと 不安なことお気軽にお問合せ下さい! 皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています!
天王町そよかぜ鍼灸整骨院 ホームページを見たとお伝えください。横浜市保土ヶ谷区天王町2-46-2 NS天王町1F 天王町駅徒歩1分 045-442-3427

さくらメディカル整骨院グループは、プロバスケットボールチーム「横浜ビー・セルコアーズ」を公式パートナーとして応援しています。